So-net無料ブログ作成

ブラックキス(Black Kiss) [DVDやら映画やら]

橋本麗華さんと川村カオリさんを一度に観れる映画。それだけで価値があります。橋本さんの鼻筋はすばらしい。オダギリ・ジョーさんがパンクなDJ役。何をやってもカッコいいですが、その最期はくるくる回ってしまいます。ベテランどころは、刑事役の奥田瑛二さんと引きこもり研究者の草刈正雄さん。行われていた殺人の動機がわかりにくいことが話しのみそかもしらん。それは川村カオリさん演じるカスミの過去に関係があるわけだが、それをひもといていくのは、若い刑事が探したWEB情報がほとんどで、あまり説明が無い。映画としてもそれほど重要でもないらしい。だからおのずと、殺人犯が中心になる。出るか? やられるか? までのドキドキ感と、彼女があやしくね? わたしってあやしい? 的な振りも楽しい。鈴木一真さんを見せられると、まっさきに疑ってしまう。しかし・たぶん・おそらく・絶対に描きたかったのは、この殺人犯の特異なディティールだろう。最後に現れる女性に、「この人があれで・こうで・流れを作っていたのか」と気づかされる。最後のアクションシーンや、驚き方や台詞にマンガっぽさが見られます。なるほど、監督は手塚眞さんだった。できるものならカスミの(けっこうすさまじそうな)過去をもっと見せてほしいけれど、殺人犯の動機との関係上省かれたものかもしれない。それであれば、もっとこの犯人を見せてほしかった。好みはわかれるでしょうか面白かった。あとで 映画.com を見たら、ストーリーがほとんど書かれていた。見ないでよかった。エンドロールに綾野剛さんとあったがどこに出ていただろう。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-71317.html


共通テーマ:映画