SSブログ

エリック・クラプトン~12小節の人生~ (ERIC CLAPTON:LIFE IN 12 BARS) [DVDやら映画やら]

B.B.キングに捧げる言葉から始まる。エリック・クラプトン様の半生をつづるドキュメンタリー。土曜の朝のラジオ "UNCLE MAC マックおじさん" で聴いた黒人音楽。そのシーンではマディ・ウォーターズの "My Life Is Ruined" がかかるが、子供向けの番組でほんとにかかっていたのだろうか。すごいもんです。今だと ピーター・バラカンさんが子供向け番組をやるようなものか。マディさんの "I Got Mojo Working" のライブフィルムが挿入されますが、その足つき、腰つき、歌いっぷりがかっこいい。バックには "Newport Jazz Festival" の名前がみえます。インタビューではおばさんらしき人が「エリックはビッグ・ビル・ブルージーを聴いていたわ」なんて話すが、そんな名前を知っているだけも「おばさんすごい」と思う。1963年のルースターズでは Kay のセミアコ。もう一人のギターはジョージ・ハリスンも使っていたフォーチュラマ。そしてザ・ヤードバーズの "I Wish You Would"。テレビ番組のライブでしょうか。手にしているのは赤みたいな色のテレキャスター。あとグレッチも使ってます。路線がポップスになって脱退するのはおなじみのお話し。それからはジョン・メイオールさんやクリームなどと続きます。エリック・クラプトンがブルースではなく、ロック・ギタリストとして認知されるのはクリームあってのことだと思います。なんたってサイケデリック・ロックだし。サイケの SG を持って弾き方を説明するシーンはクリームのライブDVDで見たことあるやつ。ジョン・メイオールの "Crocodile Walk" のTVシーンでは、その TV 放送をボブ・ディランが見ている。サービスカット?と思ったら彼の「新しいギタリストが面白い」と話すところを聞かせたかったのだろう。クラプトンさんはテレキャスターを使っている。色はナチュラルっぽくなっていて、もしかして色をはがしたのかもなあ。ギターの音はリトル・ウォルターのハーモニカの影響もあったらしい。それはアンプを通じた分厚くて濃厚でメロディな音。そして選ばれた組み合わせがレスポールとマーシャルアンプ。レコーディングではライブで聴いているようにするため、アンプからマイクを離して録音。"All Your Love" が流れるが、ライブ風景写真をずらしながら映して演奏している感じを出しているのがさみしい。「白人に俺の声は出せない、ソウルも無いし、苦労もしてない」というマディさん。クラプトンさんはいきなり新しいバンドで練習を始めてジョン・メイオールが怒りますが、マディさんの言葉に触発されたのかなあ。ブルースだけやっても黒人のようにはやれないと思ったのでしょうか。結局ジョン・メイオールさんのバンドから脱退。新しいバンドがクリーム。ニューヨークでレコーディング。黒いレスポール・カスタムを手にしている。アトランティック・レコードのシーンではアレサ・フランクリンさんがけっこう長く登場。そしてこのあたりからエピソードに女性がはさまってくる。レイラのレコーディングの話しではデュアン・オールマン様が登場。その時のことを語る音声も流れる。「クラプトンはフェンダーで俺はギブソン。その音を聴き分けるのも良い」なんてギター好きにはうれしい言葉。この頃のクラプトンさんはサンバーストのストラトキャスター。レイラのアルバムの裏に写っているやつでしょうか。パティへの愛とか未練がたっぷり詰まったこの曲をパティさんに聴かせる。相手にはジョージ・ハリスンという旦那さんがいるというのに。面白かったのは意外に売れないアルバムを宣伝するプロモ映像。お父さんの件のシーンでサンバーストのストラトをノリノリで弾いている映像が流れるが音が無いところがさみしい。そして精神的に不安定になり、隠遁してヘロインにのめりこむ。「ドミノスは始まりではなく、終わりだった」というのが意味深。ヘロインから抜けたら今度はアルコール依存。このときのステージでは黒いストラトも使っていた様子。心がおかしくなったのか、黒人ブルースを愛し続けたのにファシストになってしまうクラプトン。せっかくパティさんも来てくれたのに生活はダメダメ。しかしこのアルコール依存はかなり続いたのだなあ。最初に日本に来た時もヘロヘロだったのか? 息子ができても続いていたのだから。その後の悲劇をアルコールではなく音楽で乗り越えようとしたところがすばらしい。What if ではないが、息子が今も生き続けていたらと思うとどんな音楽をやっていたのだろうなんて思ったりする。このドキュメンタリーは音楽というよりも女性関係や生い立ちと依存症がクローズアップされていて、ギター本体のことをあまり語ってくれないことがさみしい。いろいろなギターを手にしていますが、似合うのものはやはりストラトキャスターなのだった。ジミ・ヘンドリックス様とクラプトンさんのカットも映されますが、やっぱり二人が動いているところが見たかった。アフロヘア=エレクトリックヘア同士で仲も良さそう。見終わってみると音楽的にはアルバム『愛しのレイラ』あたりのエピソードが山で、人生としては息子さんのことだと思いました。衝撃なのはステージに立つボロボロのクラプトンさんがヤジを受けているところ。しかしなんだかんだと偉かったのはジョージ・ハリスン様だった。心の内に秘めるものはあるんでしょうけどいちばん大人。ジョージ様で無ければ、命とか腕の一本とかいわずとも指一本くらい折られていたかも。でもレインボー・コンサートで助けてあげたピート・タウンゼント様の一言があっても良かったのでは。うーん。

GEOの紹介ページ

https://rental.geo-online.co.jp/detail-471980.html


続日本暴行暗黒史 暴虐魔 [DVDやら映画やら]

犯人の目には女性が裸に見えてしまうというのが斬新。タイトル通り、襲うシーンがけっこう長い。二番目の暴行で女性が白目をしばしばさせるところが怖い。フィルムの状態によるものかわからないが、洞窟の赤っぽいゆらゆらした色調が意図的なようで素敵。頭の中にいるもう一人の誰か。その人にそそのかされて次々と罪を犯す男。根は良い人らしく心中で瀕死の女性を懸命に救うがまた声がして・・・。見ていると主人公よりも他のチンピラや若者たちの方がよほどひどいと思えてしまう。さらに最後の「帰ってきたぞ」のシーンは音楽のせいもあるがけっこう感動してしまったりする。最初の犯罪を回想するシーンがすばらしい。狭い部屋の中で上からふかんしたり布団の隙間から映したりするアングルがすばらしい。背景が暗い中で中央に洞窟だけ見えたり、暗い洞窟でもう一人の誰かとかっとうするシーンとか、心中の二人を遠くから映しているところとか、カメラがとにかくかっこいい。洞窟の女性たちがの手がちゃんと秘部を隠しているところが面白い。タイトルロールで役名と役者名が出るところが親切。ちょっと『?』なところは、冒頭で「被害者と加害者の間にどんな人間関係が成立するのかその点の解明を試みたもの~」というテロップが表示されますが、あまり解明されていないような。『試みた』だから結果はどうでもかまいませんけど。なんて思ったりもするが、これは起こりうるだろう作品内容への批判や非難に対する防衛線なのだろうなと考える。カメラ目線の人がいるほぼ素だろう夜の漁場シーンがリアル。ああ面白かった。

GEOの紹介ページ

https://rental.geo-online.co.jp/detail-423751.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。