SSブログ

不安の種 [DVDやら映画やら]

引越し屋さんがトラウマと引っ掛けたのか、「トラ馬引越し~」という名前。ショックなシーン、たとえば塀の少年とかを一瞬ではなくて長見せする。悲鳴やショック音が多くてでかい。出来事があちらこちらにつながっていく。この街怖い。夜、子供がトイレに行くのを怖がるシーンがあって、そうだよなあと感慨にふける。子役のころしか知らんかった須賀健太さんが、すっかり大人になって石橋杏奈さんと寝ているとは、誰が想像できたであろうか。この映画は少年が大人になる映画だったかもしれない。石橋杏奈さんの切れ言葉に驚く。ドキュメンタリーっぽいカメラ映像。最後の歌は無いほう良いんでは。どうせならラップみたい曲ではなくて、デスボイスのヘビメタがよかった。怖いというか気持ち悪い映画だった。確かに不安になりました。朝から変なものを見てしまった。大阪も寒いですか。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-283613.html


共通テーマ:映画

妖怪大戦争(2005年) [DVDやら映画やら]

なぜ観たかというと、ぬらりひょんを演じる忌野清志郎さんが出ているから。この映画冒頭の件(くだん)が怖い。豊川悦司さんの加藤保憲は、眉毛や顔色が「3-4x 10月」の雰囲気。いちおうリメイク作品ということだが、敵がちがう。オリジナルのイメージが残っている人にはダメ出しされそうですが、それはそれ。これはこれ。監督も合点承知のはず。捨てられたものが寄せ集められ、妖怪と融合して怪物になり、捨てた人間たちに向かっていく。物を大切にしようとか、それに加えてタダシさんの勇気話しとか、お子様に説教しやすい筋書きになっている。ただしグロっぽい映像やロクロ首にペロペロされたり、腿をなでなでは大人同伴か。川姫の姿はけっこうきわどいし、栗山千明さんもわりかし大人向けの演出。彼女の役名の「アギ」は、「アギ・神々の怒り」を連想する。タダシが山中で古めかしいバスに乗る。バス内の広告もビンテージ。田舎・バス・妖怪は3点セットのようだ。バス・田舎とか、スチームパンクっぽい怪物たちを観ていると、ジブリ映画が実写になったような感じも受ける。これはもしかして、ジブリ映画のパロティか。神木隆之介さん演じるタダシの、「ムリムリ」とか「なんで伸びんの」とか自然な台詞が良い。この頃の神木さんは、幼少時の絶頂かも。配役が良い。でかい顔の油すましは桜金造みたい。いろりを囲む忌野・竹中・近藤の3ショットは信号機のよう。特に近藤正臣さんの猩猩のひょうひょうさは、ごちそうさんである。割と長い映画ですが、これだけ妖怪が出てくると飽きる暇がありません。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-41080.html


共通テーマ:映画