SSブログ

HK 変態仮面 [DVDやら映画やら]

タイトルロールの出だしでマンガがパラパラ表示されるのが、なんだかマーベルとかみたいでかっこいい。その次は「X-MEN」とかだと遺伝子やらゲノムやらが、かっこいい音楽といっしょに俳優名のバックで映るんでしょうが、こっちはあきらかに下着・・・せっかく役者名もローマ字表記で洋画みたいなのに・・・。でもかっこいい。あきらかにハリウッドっぽくて、そのストレートさが良いです。塚本高史さんと岡田義徳さんの出てくる屋上シーンは必要だったか?と考えたら、あれは「スパイダーマン」風の滑空を見せるために必要だったと思いたい。必殺技スピニングサンダーの合成具合が楽しい。ラストで巨大なアレが出てくるのはスーパーヒーロー戦隊物みたいですけど、お約束というか日本の伝統芸能なのでしょうがない。清水富美加さんの隣の席が変わり者というのは、「隣の関くん」を思い出します。たぶん変態仮面の変態的なところはお父さんを受け継ぎ、亀甲縛りはもちろんお母さん。今度はその、片瀬那奈さん演じるお母さんにも戦ってほしい。登場人物の話しを聞く限り、元祖変態仮面は安田顕さん演じる学校の先生。その変態ぷりは確かに狂介を上回ります。目立たないことをガマンすることも変態行為なんですねえ。この映画ができたのも、狂介と先生の肉体があってこそ。今度は愛子さんにも変態仮面の仲間になってほしいです。役者さんが良かった。原作の方もうれしいだろうなあ。映画に出たい人も多そう。福田監督の映画でおなじみの男優さんが出てますが、「女子ーズ」も監督でもあるので、次があるなら、桐谷美玲さんに藤井美菜さんに山本美月さんとかも出してほしい。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-268642.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。