SSブログ

女獄門帖 引き裂かれた尼僧 [DVDやら映画やら]

開始早々サイケなギター。ダイナミックに燃える溶岩?からタイトルドーンで裸というタイトルロール。なかなかのスピード感。冒頭からおみのの壮絶なシーンが繰り返されます。男に襲われるわ、雪の中を逃げて冷たい水にはまるわ、大根は丸かじりするわ、川の水は飲むわ、腹が減って拾い食いはするわ、逃げて川の中に隠れるわ、信じた将来は『駅弁刑事』『影の調査官』になるだろう人には見捨てられるわ、山で汚ーい男どもに乱暴されるわという目に会いながらも縁切寺を目指すおみの。おみのを演じる田島はるかさんがもう大変。ひどい目に合うのは美人さんだろうと思ったので、失礼ながらも見た目の感じでおみの役と愁月院の尼さん役は逆じゃないの?と考えましたが、映画のとおりで正解だった。おみのが逃げ込んだ縁切寺では、男はとにかく敵。その中でも折口亜矢さん演じる尼さんにとっては男であるというだけ死に値するのでしょう。おかしな寺の中でも唯一の男は志賀勝。白塗りの見た目が強烈。オカルトポルノとか呼ばれてますが、なんだかんだと映画なわけで、炎の中のバトルとか、雪や自然を背景にしたシーンは迫力満点で、映画『砂の器』の放浪シーンを思い出せます。特に炎のシーンはみなさん命がけではないかなあと心配するが合成なんでしょうか。あとは頭が無くて首から血が出ている死体がよくできてます。身体はまちがいなく役者さんだと思いますが、どうやって頭を隠してるんだろう。水を飲もうとしたら桶の中にアレがあったというのは、映画『怪談』のワンシーンを思い出させます。男嫌いなおかしな尼さんかもしれませんが、そんな尼さんにもなんだかんだと過去があるわけです。その元凶となったシーンが挟まれたりして、彼女一人のせいにさせない脚本と監督のやさしさも感じられます。そのシーンが挿入されるタイミングも絶妙。刺激的な人だらけですが、その中でも異色なのが尼さんの娘だろうサヨちゃん。女の子なのでしょうが男の子にも見えて、そのあたりで最後にどんでん返しでもあるかと期待する。でもその分からなさや成長がラストのお股の血に関わってくるのでしょうねえ。劇中で流れる音楽はエレキギターやキーボードとかが使われていておよそ時代劇っぽくない。けっこうロック。おみのが山の中で襲われるシーンのベースのメロディが怖い。殺した男はみんな鍋になるのかも。「サヨちゃん肉が煮えとるぜ」と志賀勝さんから言われて食べるサヨちゃんだが、食事シーンはしっかり後ろ姿のみというのがやさしいところです。後で考えると、登場人物が一人残してみんなどうにかなってしまうというのも大胆な話し。タイトルは『引き裂かれた尼僧』ですが、物理的に引き裂かれるのはみんな男。でもここはそう考えずに寺の尼さんが過去に受けたことを言っているのでしょうねえ。素晴らしい女優さんだらけの映画。ああ面白かった。

GEOの紹介ページ

https://rental.geo-online.co.jp/adult/detail-225309.html