SSブログ

幕末残酷物語 [DVDやら映画やら]

白黒映画。池田屋事変。返り血を受けた新選組たち。タイトルロールの楷書体が柔らかい感じで、他の映画とちがった印象を受ける。新選組に入隊した江波三郎の物語。西村晃さん演じる土方歳三の出番が多い。美青年と言われる沖田総司は河原崎長一郎さん。近藤勇は控えめ。ちょっと口だけどいう感じ。木刀を使った入隊試験。木刀といえど当たれば額は割れるし血もふきだす。新選組の実態を生々しく描くという映画。新しい隊員たちに、きびしい戒律を、書かれた文字だけではなく実践して見せつける。田舎から出てきた江波は、刀や人斬りに怖気づき、介錯を命じられても一太刀で済まず、見かねた沖田が手を出す。そんな江波も介錯ができるようになり、自ら申し出るようになる。そして局長、近藤勇からは「俺が斬れと言えば要人でも斬れ」と言われる。江波はなぜ新撰組に入隊したのか。それは新撰組の黒い過去を知る必要がある。そしてなぜ沖田を頼ったのか。へっぴり腰だった江波が迎えるラスト。彼の言葉は誰かに届いたのか。新人隊員の、時にはのほほんとした成長物語では終わらなかった衝撃のラスト。近藤勇の腹黒さ。新撰組を大儀のための殺りく集団として描き、新選組が嫌いになる映画。ああ恐かった。面白いところは、敵対する隊でも有名どころの勝海舟や坂本竜馬の姿が現れなかったところか。敵との戦いがなくてこれだけ血で染まれば、新選組は異常な組と言うしかない。大義は美しいのか醜いのか。時と場合によるのかも。江波を慕うサトがちょっと出すぎかと思ったが、血以外の娯楽は江波とサトの件しかないのでしかたがない。面白かった。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-18478.html


共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。