SSブログ

さらば青春の光(Quadrophenia) [DVDやら映画やら]

オープニング。「Real Me」で始まる。テンポがちょっと速いがスクーターに合わせてるんだろう。風呂場でボカシ付きの「Be Bop a Lula」と「You Really Got Me」の歌合戦がおかしい。どこまで再現されているかわからないが、60年代当時の街中とか家庭の様子に興味がわく。例えば個室公衆浴場とか。ジミーがタオルを小脇にしてカフェにいる。タオルが縦巻きなところだと、持参したブラシをくるんでいるのだろう。カフェで注文したものはたぶんイールパイだろうなあ。部屋で日焼けライトを浴びているジミーの姉。ツル付きのサングラスではなくて、目だけにかぶせるグラス。ステフが「顔役になる気?」と言って、かかる音楽が「I'm the Face」とは憎い。洒落の意味では、POLICE の STING が乗せられる車の後ろに「POLICE」の文字。少し衝撃だったのは、ステフとジミーの、路チューならぬ路エッチシーン。こんな写真をすっぱ抜かれたら大変だろうなあ。この映画でいちばん良い人はモンキー。モッズたちはおしゃれで小奇麗にしていたらしいので、ケンカはきらいかできないと思っていた。だって服とか汚れたら嫌そうだから。でもブライトンでの出来事を観るとそんなことはなかったようだ。これが事実だとするなら暴動のきっかけはモッズ側。ジミーは「物を壊して最高だ」とか言っている。集まると調子に乗ってしまう子供のようだ。原作のレコードを作っている The Who はテレビの中に出てくる。当時のレディ・ステディ・ゴーに出ていたときの映像。どうせならそっくりさんを用意してダンスホールやライブのシーンに出してほしかった。ジミーはリーバイスを濡らしてはく。そうすると乾いたときに縮んで脚にぴったりするらしいから。濡れている間はバスタオルを敷いて座る。母方の叔父は自殺未遂を繰り返したという台詞。その名は「シド」。有名パンク・バンドのひっかけか。エンドクレジットの音楽監督の名前に、キース・ムーンの名が無いのがなんともさみしい。この映画は大人になりきれない男の話しのようだ。しかしジミーはほんとうに病気かもしれない。今では注意力散漫に「うつ」や「そう」などは立派な病気として認知されている。タイトルの「Quadrophenia」はあながち伊達ではない。分からない人には分からない、分かる人にはじゅうぶん楽しい映画。この映画がモッズの実態を教えてくれる貴重なフィルムとなったことは、The Who、しいてはピート・タウンゼントの功績だろう。面白かった。曇り気味でちょっと雨降った。

GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-4988.html

ブライトン・ロック(Brighton Rock)

Studio Voice のモッズ特集号。面白かった。

qd01.jpg

qd02.jpg

qd03.jpg



共通テーマ:映画