So-net無料ブログ作成

生物彗星 WoO 5 [DVDやら映画やら]

アイの逃亡がさらにきびしくなる。そして和解と別れの巻。
第9話 追いつめられて
ウエーバー参謀の策略により、人々がアイと WoO を追い詰める。前回に引き続き秋田記者が行動する。秋田はママに惚れてしまったんだなあと思う。WoO やアイが責められる中、ややこしいことに永倉博士もひどいことをしはじめる。しかしその事態により WoO を味方につけようという意見も出てくる。博士に対抗できるものは WoO しかいないからだ。化け物には化け物をといったところか。小学生から給食をもらい、小学生に恋心を見透かされるアイ。彼女は小学生にかくまってもらうが、そのまま平穏に済むわけもなく・・・。永倉博士の現場に居合わせたことで、秋田記者は防衛隊の面々と初顔合わせをすることになる。かたや小太郎は永倉に触ってしまったことが何かに発展しそうなラスト。
第10話 ごめんね、小太郎
かくまってくれた小学生の父ちゃんに捕まえられそうになるアイ。ウエーバー参謀が軍隊を引き連れて防衛隊を制圧しに来るが、逆に ICBM を発射させようとしたことで山南はウエーバーを捕らえる。しかし威嚇とはいえ、実際に発砲してしまうのはまずいような。再会するアイと小太郎。しかし小太郎は赤い怪獣に変わってしまう。前回登場した怪獣と似ている。アメコミ風なデザイン。「バイオハザード」に出ていたドゥームズ・デイっぽくもある。小太郎を倒せないアイ。アイの意志にしたがってアイ吉も攻撃をやめる。しかしアイの味方の小太郎がこんな最期を迎えてしまうなんてことは想像できなかった。最初のイソギンチャク怪獣に友人たちがやられてしまったときと並ぶトラウマ事態。間接的ではあれ、自分が関わる人々が何かしらの不幸を必ず受ける。かくまってくれた小学生の父親も非難を受ける。どっちに転んでもアイにはつらい展開。アイ吉がアイのために戦っていることがはっきりと分かる回。この2話は見覚えがあった。
晴れ・寒い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-90427.html

生物彗星 WoO 6
生物彗星 WoO 4
生物彗星 WoO 3
生物彗星 WoO 2
生物彗星 WoO 1


共通テーマ:映画