SSブログ

アイアンガール ULTIMATE WEAPON [DVDやら映画やら]

2042年に第三次世界大戦が起こり日本に原爆が投下された・・・なんていう英語のモノローグから始まる。政府は崩壊。街も崩壊。東京タワーはへし折れているが、富士山は変わらずの様子。世間は暴徒化した民兵だらけで無法地帯。そして 20XX年。それが今回の舞台。開始早々斬るわエッチだと忙しい。そして登場するアイアンガール。火がつくシーンが見事。CG かと思ったら、メイキングを見ると本当に燃えていた。ハイキックに回し蹴りと切れのあるアクション。前回にくらべて格段とパワーアップ。アクション他、酒で酔っ払うとか前作に無いユーモアもある。そして開始早々の変身で見せる露出に始まり、エッチ度も高さにおどろく。身体を見せたり絡んだりするシーンが多く、メイキングを見るとまさに体当たりの演技。アイアンガール対敵の見せ場が多くて面白い。対大人数や対ポイズン、そして対キル。重量感のあるポイズンとのアクションは一度で終わらず二度もある。そして最強の敵であろうキルのたたずまいがけっこうかっこいい。片方の目の色が違うところが人間じゃないっぽいさを上手く表現している。ストーリー面では、コロニーの人々がアイアンガールに対して手のひらを返したり、そこで見せるアイアンガールの行動とかが、舞台を暗転させる効果を見せている。間違いなく前作越え。ジュリアとの出会いシーンを考えると、3作目もありそうな雰囲気。近未来が舞台であるなら、ブラッディバトルのミリーの世界と似ているので、二人で戦ってほしい。けっこう露出や色気が多いので、このままキューティー・ハニーをやっても面白そう。アイアンガールのスーツの装着もハニーのそれに近そうだが、お色気面では100%再現できる。家族視聴禁止ムービー。初霜・晴れ。

アイアンガール

GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-351158.html

アイアンガール


共通テーマ:映画