SSブログ

光の雨・連合赤軍事件 [DVDやら映画やら]

高橋かおりさん目当てで借りた。最後のナレーションを聴いて、原作が盗作とかで話題になったのを思いだした。高橋かおりさん観たさがなんともいえんことに・・・。当時のことを現代の若者が演じることによって感じる違和感。その違和感を強調させるために、効果的な構成ではなかろうか。演じる側には狂信的なカルト的集団と感じる者もいるだろう。確かにおかしい集団。そのおかしさゆえ、当時の人々は、まともに事実を伝えられないのではないか。わけがわからない犯罪であるから、伝えることなど何もない。よく実験系・収容所系とでもいうか、集団心理による事件を描くホラー映画があるが、そんな感じにも見える。事実を基にした恐怖映画。倉重役では山本さんが出ているが、彼が今やっていることとかわらない感じかも。言い方や口ぶりは違えど、自分の理想のためには何かしでかしてしまいそうなので、あまり近づきたくない役。特筆すべきは上杉役の裕木奈江さんか。幼さが見える顔立ちではあるが、目付きが狂気。狂気というか凶器。役と劇中役の関係が、単に役というのではなくて二重人格のそれに見える。それは浦川さんにも通じる。彼女のエッチなシーンはファンタジー的要素がまったくなく非常に現実的。そうかと思えば、満月を見て、それにそのシーンを重ね見てしまう。これらは劇中役での行動ではあるけれど、なんだか怖い。顔もけっこう怖いが。おそらく倉重が出てこなければ、みな静かに抜け出し、運動は挫折していたかもしれない。「自己批判は倉重により論破された~」といったナレーションが気持ち悪い。倉重と上杉たちが犯したしたことは、自己の隠蔽のための罪に他ならないでは。今の政治家、特に野党がみんな彼らに見える。人は自分の罪を隠すために他人を断罪するんではないかなあ。そんなこと言うと、罪の無い人はいないとかで「はい、論破」になるんだろうな。ああ疲れる。揚げ足はいやだ。素に戻った倉重と上杉の最後の独白でさらに疲れる。そして最後のナレーションでダメ押し。更には「フィクションです」のテロップで沈没。なんだかものすごく嫌な気分にさせられる。阿南メイキング監督の存在があいまい。高橋かおりさん目当てが、ちょっと辛くなった。でも高橋さんの他、浦川役の川越美和さんが良かったので救われた。最後、池内さんが上杉を見る眼差しも良かった。疲れた。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-3685.html

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程


共通テーマ:映画