So-net無料ブログ作成

Miss ZOMBIE [DVDやら映画やら]

ゾンビな小松彩夏さんと冨樫真さん目当てで見る。モノクロ、というかほとんどモノクロ。「肉を与えるな」にはなんだか納得してしまう。自分の手の甲を自分で縫ってしまうシーンが新鮮。この映画の世界ではゾンビが管理されている様子。ゾンビというよりどちらかというと病気に近いような感じ。小松さんは人を襲わないゾンビとして区別されていて、使用人の仕事が終われば帰る場所もあって普通に独り暮らしっぽい。旦那様は最初からアレが目的で小松さんを連れてきたのか? だったらけっこうゲスだと思ったが、もしかして外科的練習台なのかと思わせるシーンもある。縫われているときの小松さんの目がブラックアイではないところが意味深。小松さんはゆっくりすり足。ゾンビは動き遅いパターンかと思ったら、走る。何かが彼女を駆り立てる。それは子供への愛情によるものだったり、ときおりフラッシュバックする過去に関わることらしい。特に彼女の過去のイメージのなかでは妊娠しているであろう姿が見受けられるので、子供に対する感情は特別なものがありそう。事故で息を止めてしまった夫婦の息子が、小松さんの力でよみがえる。それから家族が、特に今までの幸せいっぱいだった冨樫真さん演じる奥さんが変になっていく。いちばん面白いのは人間とゾンビの逆転現象。逃げるゾンビを人間が追うのだから。それでも精神的には人間のほうが追い詰められているはず。なんであのシーンだけ色が変わるのか。小松さんの目が変わるのはなぜか。色々考えさせられるところが面白い。いちばんかわいそうなのは、駿河太郎さんだろうなあ。

GEOの紹介ページ

https://rental.geo-online.co.jp/detail-285996.html



共通テーマ:映画