SSブログ

人狼ゲーム クレイジーフォックス [DVDやら映画やら]

「最初に彼だけが見えて、彼だけが特別~」云々で始まる人狼ゲーム。なんだか恋の物語のよう。今度の主人公は高月彩良さん演じるアヤカ。彼女のゲームに対するモチベーションがすごい。開始早々、誰かが逃げてアチャーかと思ったがどうなるんでしょう。相変わらず自己紹介してくれるので助かります。人狼は三人。相変わらず複数の「自称」預言者が登場します。キツネというカードがあるとは知らんかった。トランプだとジョーカーみたいなものかも。「好みのタイプだから選ぶ」なんてゲーム三作目にして人間の原点な気がします。「あたしが何かした?」と言う隅田さんとアヤカの様子で、タイトルの「クレイジーフォックス」の意味がよく分かる。どうせ主人公は生き残るんでしょう?なんていう思い込みの安心感はあるとしても、少し暴走気味のアヤカを見ると、墓穴掘らないかなあと心配になる。人狼か確かめるために一晩しばっておくというのは、ルール上問題ないんだろうか。こんなことでは誰が人狼なんかなんてすぐ分かりそう。メアリさんがけっこう頭良い。ゲーム参加者に対し、主催者側が行った唯一の改善点は、人が直接手をくださなくても自動で逝かされてしまうところか。一作目の桜庭ななみさん、竹富聖花さん、藤井美菜さん、太賀さん、二作目の土屋太鳳さん、森川葵さん、加藤諒さんらの配役にくらべて、今回は少し控えめな方たちに見えますが、話しはこっちの方が良い話しと思った。ゲームは二の次。仲間意識や自己陶酔からの脱却がメイン。派手さは無くても人の基本が静かに凝縮されている映画だなあと思いました。このシリーズは何だか面白い。若い役者さんの出番のための映画だではないようです。危険な集団心理実験なんて実話や映画が作られていますが、これもそうした人体実験映画の一つのジャンルになりそう。今度は全員初参加というのも見て見たいが、戸惑いによるパニックばかりで話しが進まなかったりして。大雨。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-377048.html

人狼ゲーム インフェルノ
人狼ゲーム ロストエデン 後編
人狼ゲーム ロストエデン 前編
人狼ゲーム マッドランド
人狼ゲーム ラヴァーズ
人狼ゲーム プリズン・ブレイク
人狼ゲーム ビーストサイド
人狼ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。