So-net無料ブログ作成

ベアリー・リーサル(Barely Lethal) [DVDやら映画やら]

RKO Radio Picture マークがおしゃれ。コミックなタイトルロールが楽しい。「リーサル・ウェポン」を意識したようなタイトル。裸にされそうな裸とでもいう意味か。主人公の子供の頃と現在が良く似ていて、キャスティングの際に気を使ったんだなあと思ってしまう。サミュエルさんはこうした指揮官役がよく似合う。この人はいったい何本の映画に出ているんだろう。メーガンが普通の女の子に関する情報収集シーンで見ていたビデオは、キルスティン・ダンストさんの「チアーズ」ではなかろうか。今の女の子の情報を得たいわりにはちょっと時代がずれてます。このずれさ加減で後々笑うことになります。メーガン役の女優さんの微妙さ、どっちかというとアチャーな美ぼうが面白い。普通の女の子を狙ったのか、女性視点から見ると好感が持てそうな配役かも。その分、敵のビクトリア、同僚のヘザーとか、ホームステイ先の女の子リズがえらく可愛い。下手したらリズのお母さんの方がチャーミングに見えたりする。可愛い子がちょっとアチャーな女の子にやられてしまうという快感。たぶんジェシカ・アルバさんは昔イケイケの女という立場での出演なんでしょうが、その美ぼうは映画の中でもナンバーワン。ティーンエイジャー向け映画なんでしょうが、アクションがかっこよくて、ただのお子様向けではない映画だなあと思いました。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-361115.html


共通テーマ:映画