SSブログ

新日本暴行暗黒史 復讐鬼 [DVDやら映画やら]

『日本暴行暗黒史』の第三作目。村八分されている一家の兄が家族の復讐を果たす映画。これほどいじめられていると、いじめている人々がやられるシーンに爽快感を覚える。断然兄を応援する。復讐される人々が口にするのが「人殺し!」なのだが、どの口が言いましょうか。兄は運よく息を吹き返し、母親も直接は死なせてないにしても、あんな大勢でこなければ何もなかったはずです。特に村長。兄のことは死んだと思っているから、残された妹も「死なせてしまえば良い」という大悪人。それに従う村人もアホ。モデルになったのは有名な事件らしいですけど、忠実になぞったものではないです。でも肺病とか病のせいではじかれるところは似ているか。復讐鬼になった細身の吉沢健さんが戦隊ヒーローみたいでかっこいいが、この吉沢さんは新しいところだと『残穢』に『龍三と七人の子分たち』や、さらには『爆裂都市 BURST CITY』にも出てたのかと改めて気が付く。ところどころにピンクなシーンや、近親なんとかっぽいところが出てくるが、それぞれが自然な行為に見えてしまうところがすごい。田舎だからでしょうか。ピカレスクロマンともいえそうですが、復讐鬼になった吉沢さんは果たして悪漢でしょうか。なんといっても村長はじめ、村人がアホな映画だった。完全なモノクロではなくてパートカラー。吉沢さんが村中を駆け抜けるシーンがすばらしい。監督の映画には必ず印象に残るカメラワークがありますなあ。面白がってはいかん内容ですが面白かった。

GEOの紹介ページ

https://rental.geo-online.co.jp/detail-423752.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。