SSブログ

アイアン・ジャイアント(The Iron Giant) [DVDやら映画やら]

1957年の地球に衛星みたいなものが落ちてくる。そして荒れ狂った海。船の乗組員が見た灯りは灯台ではなかった。主人公は子供のホーガース。ママはダイナーで働いている。冒頭のペット云々の件は、ああなるだろうなあと思ったら案の定な展開。ホーガースは生き物の他、SF とか未知の話しが好きなようだ。飛び級をしてかしこくもある。この映画を見た最大の理由は、製作に The Who のピート・タウンゼントさんが関わっているから。ロボット、アイアン・ジャイアントの描画の線の細さが良い。ロットリングで描いた絵がそのまま動いているよう。人間たちの線画は、肌色を意識した線で境界がぼやかされているのに比べ、ロボットのそれはくっきりしていて、機械と人を明確に分けているような気がするが、きっと気のせいだ。しかしロボットの線や人物のぼかし加減は、手描きでは無くてコンピュータによるものかもなあ。そうであっても、手描きな雰囲気もじゅうぶん感じられる絵。ロボットが口から鉄を食べ、夜は寝るところが面白い。ディランとロボットがアートにいそしんでいるところにやってきたホーガース。彼はロボットにそんなことをさせてはカッコ悪いと言う。そしてディランが「お前なら何させる?」とたずねる。そこがこの話しの肝かもしれない。間抜けなようで、しっかりとガバメント・マンな男、マンズリー。じゅうぶん嫌な姿を見せてくれる。最後はほとんど支離滅裂。ホーガースのクラスではアトミック・ホロコーストについて学んでいる。ロシアとの関係に緊張があったころの話しだ。それは後半でマンズリーがとんでもないことを言い出す予習にもなっている。ジェネラルが冷静な人で良かった。攻撃されても反撃しまいとするロボット。雪原の中、ホーガースが気絶してからは、圧巻の展開。最後、追いかけないで逃がすホーガースは、まちがいなく大人になったのだなあ。ハッピーエンド。主人公のホーガースはクラスでは浮いているようだが、十分かしこい。悲惨ないじめられっ子とかではなかったので、ロボットを悪用するような展開にならなかったんだろうなあ。スピリットやスーパーマンなど、実名のヒーロー名が登場する。コースターズやレイ・チャールズもかかる。英語字幕が付いているのがうれしい。できるものなら、オーディオコメンタリーも付けて、ピート・タウンゼントさんのプロデューサーとしての話しを聴きたかった。もしかしたらスティーブ・ジョブズさんがピクサーの偉い人になったように、ピートもアニメ会社の会長にでもなってたかもしれない。今なら実写で撮るんだろうが、アニメでも十分面白かった。晴れ・曇り。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-1030.html


共通テーマ:映画