So-net無料ブログ作成

リアル鬼ごっこ 2015劇場版 [DVDやら映画やら]

面白かった。原作があったり、過去にも映画が製作されたりしているが、ぜんぜん気にならない。作っている人にとって、タイトルにこだわりはなかったんではないか。これが別なタイトルで出ていたとしても、今までの「鬼ごっこ」の真似とは言われないと思う。どんどん人がやられてしまうが、そのことよりも何で逃げなきゃならないのか、そのなぞが知りたくてたまらない。鏡を見て自分が変わったことを知るのが面白い。パラレルワールドとしても、本人自身が変わってしまう設定が面白い。見ながら思ったのが、最初のバスのときの世界と、次の学校のシーンはちがう世界だったんだろうかということ。学校の中では鏡とか見るようなシーンがなかったので、自分の顔を確かめることもなかったような。オープニングのやられ方も、次の学校以降のシーンとは明らかに異質なもの。それだけオープニングがけっこう衝撃。人が手をくだすよりも、なぞだけが残ります。女の子が走る・スカートめくれる・パンチラする・なぐる・やられる映画。そこが楽しいです。ハレンチ学園シリアス版だったりして。ミチコ役の方をメインに見れる映画としても貴重です。最初の方ではぬれて、あらら・・・というシーンもあるし。足が細い人です。でも高校生の制服にはみなさん辛いかも。広い場所のシーンが多いのも映画的。特に学校の校庭から外に走っていくところを上から見たシーンが、これでもかというくらい広そう。バスのシーンも道路を広く使ったり、街中を走るところも全体をふかんするシーンが多い。ラストは、映画を見ながら考えていた中のひとつだったが、それぞれの世界でやられ方が違うのも納得できます。そうするとラストのミチコさんは、それまでのミチコさんとは違って、わざわざあの人とアレをさせるだけのためのミチコさんだったということか。枕の伏線も面白かった。エンドロールの音楽も良かった。寒い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-371844.html


共通テーマ:映画