So-net無料ブログ作成

ジャッジ・ドレッド(DREDD) [DVDやら映画やら]

なんといっても、カサンドラ・アンダーソンを演じているオリヴィア・サールビーさんが最高。彼女が主役でも良いです。ジャッジたちはみなさんヘルメットで顔が分からないのに、アンダーソンは素顔に頭全開。その理由も面白い。彼女の素性は古びた写真とかフラッシュバックイメージや少しの言葉で推測するしかありませんが、彼女が時々見せる戸惑いのような表情が、見ているほうを不安にさせます。彼女の能力を考えれば人間不信にもなりそう。彼女がドレッドの命令を信じるのは、ドレッドの考えに揺るぎが無いことを分かっているからか。それでも彼女がドレッドを見る表情に含みがあるような。過去に両親がらみで何かあったんだろうか。連行する組織の密売人がアンダーソンに対抗するために考えることがゲスい。確かに考えを読まれるなら、よっぽどひどいことを考えていればちょっとはビビッてくれるかもしれないが・・・。あとアンダーソンを「戸惑っている間にやる」とか言っている敵が、事情を知っていると「あんたバーカ」と笑えます。スローモーというドラッグの設定も面白い。すべてがスローモーションになったまま堕ちていくなんて考えただけでもおそろしい。でも速いほうが怖いか。しかしスローモーションになってどこが気持ちよくなるのかというのが疑問だった。ラストは出来るものなら「ドレッド、ウソよ!」とかアンダーソンにも一枚噛んでほしかった。ビル設備をハックするブロンドの男の素性が分かったときは、かなり同情してしまった。ママは「パージ」に出てたママだった。ぜんぜんちがう役柄。アンダーソンは「ダーケストアワー」に出ていた方だった。いい女優さんばっかり出てました。すっごい面白かった。寒い。


TSUTAYA DISCASの紹介ページ
http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=8000260421


共通テーマ:映画