SSブログ

ハンガー(The Hunger) [DVDやら映画やら]

なんといっても、Bauhaus が出ているから観た映画。そうはいっても、ピーター・マーフィーのアップがほとんど。ダニエル・アッシュの顔が少し。デビッド・Jは、ベースのネック。ドラムのケビン・ハスキンスは・・・。Bauhaus は ディスコのバンド役で、冒頭から「Bela Lugosi's Dead」を聴かせてくれます。Bela Lugosi ~ベラ・ルゴシといえば、もちろん吸血鬼ドラキュラ俳優のことで、この映画の内容に合うといえば合ってます。でも演奏は冒頭だけでちょっと寂しい。トニー・スコット監督ならではの起用ではないかなあ。デヴィッド・ボウイさんの登場も話題でしょうが、強烈な印象を与えながらも早めに退場します。話しは、永遠に若いはずの吸血鬼が急に衰えてしまって、次の人を探す話しです。カトリーヌ・ドヌーヴさんとボウイさん演じるミリアムとジョン。二人は少女アリスにクラシックを教えてます。ずいぶんと長い間生きてきた彼らは本物のクラシック教師。チャーリー・クリスチャンやジミヘンがそのまま現代でギターを弾いているようなもんです。ジョンに始まった老化が事件を巻き起こす、といっても彼らの存在自体が事件ですが。ミリアムがジョンの次に見つけた相手は、スーザン・サランドンさん演じるサラ博士。この二人のちょっとエッチな絡みも話題になってた。スーザンさんが見せてくれます。老化したジョンが必死に人を傷つけて血を求める様は、なんだか悲しくなります。案外この辺りの描写も、この映画が語りたいひとつかもしれません。ウィレム・デフォーさんはちょい役でも印象強いです。サラ博士は自分を変にしてしまったミリアムに抵抗するが、エンディングでミリアムは、サラはどうなるか。サラの悟りきった表情も魅力です。エンドロールで、特殊メイクを「Make Up Illusionist」と呼んでいるのがかっこいいなあと思った。Bauhaus かっけー。面白かった。寒い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-35566.html

Bauhaus は、カバー曲も印象的でした。「Telegram Sam」を除くと、わりと忠実にカバーしてたような。

hunger1.JPG

hunger2.JPG

hunger3.JPG

特に「Third Uncle」が好きだった。あと「I'm Waiting for the Man」も良かった。


共通テーマ:映画