So-net無料ブログ作成

貞子vs伽椰子 [DVDやら映画やら]

画面のトーンの暗い感じがなんだかなつかしい。若者がどうやってビデオカセットを見るのか。だいたいそれを再生するビデオデッキがあるのか? つまりかんじんな貞子のテープをどうやって見るのか興味があった。今なら DVD か YouTube 動画だろうから。なんだかんだとビデオテープを見ることになるのだが、まずは中古店にデッキを買いに行くところがリアル。貞子は山本美月さんパート、伽椰子は玉城ティナさんパートで姿を現し、それがどうやって出会うのか興味津々。機転が利くというか捨て身というか、いじめられっ子の逆襲方法がすごい。甲本先生の最期が衝撃。これは良い意味でギャグ半分かも。女祈とう師が「彼しかいない」と頼った人が安藤さんとは意外だった。かっこいい。でも最期はやっぱり・・・ギャグっぽい。彼の相棒の子供が着ているコートの赤色が夜に映えてかっこいい。玉城さんの目の大きさがすばらしい。同級生から男の子たちが行方不明になっていることを聞かされたときの表情が、楳図かずおさんのマンガに出てくる少女っぽく見える。それも目の大きさによるものだろう。彼女が登場すると、そのシーンがエキゾチックな悪魔っぽい世界に変わって見える気がしてけっこう好き。玉城さんは田中美里さんの夫婦の娘っぽくはないかもしれないが、たまたまエキゾチックだったのかもしれない。ショーン・K みたいな人もいるし。ゲゲゲの鬼太郎をウェンツさんがやったように全然問題ありませんでした。このラストはすばらしい。観ている人置いてけぼりの突き抜けた終わり方。今まで続いた二人の呪いが簡単に終わるわけがない。話しは洗剤に例えると「〇ぜるな危険」といったところだろうか。ビデオや映画の「呪怨」のような、登場人物の名前を付けたエピソード形式を少し期待していた。貞子や伽椰子の戦いは、共に話さないので展開をひたすら見守るしかない。このバトルロイヤルは永遠に続きそう。もし次があるなら、また玉城さんと山本さんで見たいもの。そうなると単純に呪いとの闘いだけではなくて葛藤もテーマになりそう。山本さんと言えば「絶叫学級」で幽霊役をやっていたし、案外恐い役が似合うかも。ついでに死んでも死なない富江も参戦してほしい。もちろん仲村みうさんで。すでに佐津川さんが色々やらかしてくれているので、次は絶対終末世界。面白かった。曇り・雨。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-400238.html


共通テーマ:映画