So-net無料ブログ作成

同期 [DVDやら映画やら]

映画かと思ったら WOWOWドラマだった。同期の友情物語であり宇田川の信念の物語。懲戒免職で姿を消した公安部の蘇我。警察学校同期の捜査一課 宇田川と築地南署 宮下は心配するが、彼らは蘇我のことを何もしらなかった。一課係長 名波は蘇我のことは忘れろと言う。なんだかミステリー。宇田川と蘇我が飲む場面で流れるニュース、そして宇田川と下谷東署 土岐の飲み屋シーンで流れるニュース。これに何かあるのかも。キャストが良い。特に築地南署の同期、鈴木亮平さんのシャープな感じが良かった。出番は2シーンしかないけれど、警察でのやりづらさを見事に演じてくれている。大物小物、たくさんの警察官が出てくるが、みなさんあやしい。誰かが裏切っているのではないかと思わせるキャスティング。特に下谷東署の人はオープニングにも出ていたし、何かお腹にいちもつ抱えていそう。宇田川を怒鳴りつける先輩警部補もなんだかなあ。そのオープニングは宇田川と蘇我の関係だけの説明ではなくて、宇田川の記憶力のすごさにも関係している。彼は記憶を呼び戻し何か違和感を覚える。それが積み重なって何かの糸口が見つかる。元気なだけではない、有能な新米刑事なのだった。字幕はなかったが、役職や役名のテロップが出るのがうれしい。蘇我の様子からして最初から中核的なものを持っているような気がするのだが、さてどんなものか。それに食事しながら渡すプレゼントもなんだかあやしい? これもどう転ぶか。終わってみれば、いちばん罰が悪いのは宇田川のところの係長。上と下の間にいる者は上に対してはもちろんイエスマンで、下にはイエスを強要する。命令は絶対の警察の中で宇田川が生きていくのは大変だろうなあ。そんなこんなで年をとってしまった一例が土岐なんだろうなあ。蘇我の事を何も知らなかったと言う宇田川だが、そうすると警察学校時代から蘇我の行く末は決まっていたのだろうか。影のフィクサーが出てくるのはありがちかと思ったが、終わってみればただのトリックだったのかも。面白かった。『同期』って、シンクロナイズも『同期』だから面白い。晴れ・曇り。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-208892.html


共通テーマ:映画