So-net無料ブログ作成

獄門島 [DVDやら映画やら]

日本語字幕が付いているのがうれしい。東宝映画なので金田一は石坂浩二さん。相変わらず殺人を止めることができない金田一。彼は推理というより名解説者なのかも。別れのシーンで坂口良子さん演じるお七を見る金田一の顔が、なんだかホの字。坂口さんのよく動く顔演技は、最近だと清水富美加さんが近そう。「よし!分かった」でおなじみの加藤武さん演じる警部の間違いの認め方が潔い。妹たちが殺されるのはなぜなのか? それを金田一が明かしていくストーリー。「推理」というよりは怪奇話し。謎解きというよりは、ファミリーヒストリー怪奇版。田舎や貧富によるドロドロしたホラー的人間関係。それに見合った名女優さん。太地さんなんかも犯人なのかどうなのか、ミスリードさせる天才。司葉子さんが岸恵子さんに見えてしまった。力仕事は小林昭二さんが演じる竹蔵が担当する。東野英治郎さんの表情が大魔神。「自慰の楼閣~」という台詞がかっこいい。助清の「犬神家の一族」の水辺から出された二本足以来、ショックなシーンがつきものになってしまったようだが、この「獄門島」でももちろんありました。面白いのはナレーションではなく、楷書体の特大のテロップがその代わりをしているところ。今見ると庵野監督の演出っぽい。タイトルロールの大きな文字もそんな風で、古いながらも現代に近い感じがする。怖い話しなのに安心できるのはなぜだろう。変わらない空気の中で淡々と話しが進むせいかもしれない。時間も短く感じる。金田一の様式美。金田一シリーズはホラー版太宰治。没落していく一族の斜陽を楽しむ映画だった。晴れ・寒い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-18507.html

女王蜂
病院坂の首縊りの家
悪魔の手毬唄
八つ墓村
犬神の悪霊
金田一耕助の冒険


共通テーマ:映画