So-net無料ブログ作成

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 1 [DVDやら映画やら]

石坂浩二さんがナレーションすると何でもウルトラシリーズになる。気象庁の一部署「気特対」の第1回。みなさん公務員。興味を引くのは彼らの事務所の古さと壁の汚さ。置いてあるものは民生品。パトレーバーのようなハイテクな世界ではない。怪獣ドラマにおける実在する組織の扱い、特に自衛隊については平成版ガメラで触れられはじめ、最近のゴジラで昇華されたされた感がある。M と呼称されるモンスターが出現することが当たり前のこのドラマでは、防衛庁による M への攻撃が許可されている。ありえないであろうことをまじめに今の社会にあてはめてみることは楽しいことだろう。切り絵によるエンドロールは、知っている人にはウルトラマンへのオマージュだとはっきり分かる。縦書き文字が横にスクロールしていくのも新鮮。
第1話 M確認ス、気特対出動セヨ!: 早々に朏万理登場。最初に「転」で、その次に「起承」を見せる構成が面白い。「案野さんに渡しといてくれ」の台詞はあるが案野さんはまだ登場せず。商店街のせまい通りを車を飛ばす朏万理。けっこううれしそうな顔をしている。この回もそうだが、朏の簡単料理シーンがよく出てくる。今回は厚揚げ?を焼いて切ってネギをのっけたもの。M7号登場。朏というか尾野さんの顔が段々とアップされるカットが良いです。朏に対する灰田の態度が印象的。M の卵登場。メイキングによると、砂浜の巨大な足跡は重機や手作業で作ったものだった。
第2話 マイルール: 筑波の研究所が舞台。認識が甘かったり、問題を隠したがる役人の仕事がよく分かる回。タメ口がマイルールの藤澤さくら。M が 1号から 5号までいて、逃げた 6号が「こんにゃく岩」。ウルトラセブンならアンノン星人。モンスターが姿を見せないドラマと聞いていたが、それらしい姿を見せてくれる。武器がひしゃく。M がなんだかラーメンみたい。仕事のあと「わたし麺類」とか言う藤澤に笑う。謎のオペレーターがいることが分かる。朏はもしかしてシガニー・ウィーバー好きか?と思わせる台詞がある。
第3話 守ります 人と自然と この地球。: 気特対見学イベントと取材。朏の化粧が気合入っている。サクラが九州出身だと分かる。24時間張り付きの謎のオペレーターがカップラーメンを食べて髪を洗ったらしい。緊急出動のため、食堂で全部食べれなかったことを謝るシーンが面白い。橋本愛さん演じる二田良秋津が登場する。若いながらも存在感大きすぎ。トイレでくつろぐ朏の姿がなんだかリアル。謎のオペレーターの名前がソガベだと分かる。タバコを吸う久里浜部長の態度がほとんど M。何だか曲者そうで怖い。なんだかんだと朏が主役。
面白かった。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-191157.html

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 2
MM9-MONSTER MAGNITUDE- 3
MM9-MONSTER MAGNITUDE- 4


共通テーマ:映画