SSブログ

スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-(THERE ARE MONSTERS) [DVDやら映画やら]

「ボディ・スナッチャーズ」系の映画だろうなと思って見る。どんどん乗っ取られていく映画はたくさんあるが、他とはどうちがうのかが楽しみ。しかし原題と邦題と全然ちがう。原題は「怪物たちがいるよ」とでもいうんだろうか。きっとモンスターがそこかしこにいるにちがいない。ビデオカメラ片手に「ビール缶並みのナニ」とか言ってるバカな若者たち。方やブラックホールとか重力加速器といった記事を読む人。彼は教師で、若者たちは卒業生のインタビューを撮りに行く様子。幸いなのはまともそうな女性も合流すること。服を裏返しに着た女性。弁当の変なおかず。トイレの女。豚マスク。水を買いだめする同級生アン。不穏なスーパー。なんかあやしかったり裏がありそう方たちが色々登場する。町はオープンで明るいお化け屋敷のありさま。レストランに入ろうなんて言うが、いったい何を出されるやら。太めのテリーは、自分のコンプレックスの裏返しか短気で声がでかい。どうもこの男が事態をぐちゃぐちゃにしそう。ベスとジェフを見る目もジェラシーがたっぷりありそうな感じ。話しを聞きながらスマートフォンで語句を検索するダン。これは相手を信じていないのかエビデンスを取りたいのか。おそらく知らないことを隠したいんだろうなあ。ドアの線の数と人の数の話しになるほどなあと思う。歯医者で登場する女の子とか、子供の演技が上手い。冒頭のシーンが実は中盤だったりする。最初に手の内を見せて引きずり込ませる技法なのかもしれない。終わりそうでなかなか終わらない。60分を過ぎたあたりでほとんど終わりかと思った。怪物の顔はメイクか、それとも一昔前にあったモーフィングなのか分かりませんが、ゾンビみたいにグロくないけれどけっこう怖い。怪物の女性が一見ゴールディ・ホーンに見えます。P.O.V.設定のせいか、悲鳴は聞こえるが画面が揺れてるだけとかピンボケ風だったりして、ちょっと物足りない。エンドロールが変わっている。枠付きでプリントしたものをそのまま写しているみたい。ブラックホールに重力加速器の記事が気になる。晴れ・寒い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-385690.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。