SSブログ

夕闇ダリア [DVDやら映画やら]

かなえ役の吉井怜さん。キャップをかぶったり、髪をむすんだり、着ている服も作業着のようなサロペットだったりして、ずいぶんと雰囲気が変わる。「いいけど、しないよ」という台詞の後でしてしまうかなえ。相手は恋人がいる従業員の大谷。しちゃった後、屋上で物憂げなかなえ。そりゃまあ色々考えるだろうなあ。かなえが車の運転に何か不安を持っていそうなことが分かったシーンの夜、この映画の要となる出来事が起こる。かなえが大谷と彼の恋人由起子が話しているのを見ている時、かなえの横に由紀子がいる。大谷と二人で配送車に乗っているとき、そこに由紀子がいる。バレエを習っている子供の踊りを見ているときに由紀子が現れる。大谷とじゃれあっているその場に由紀子がいる。印象的なのは、大谷に電話がかかってきたときの、かなえと由紀子の表情。二人とも同じような顔をしている。現れる由紀子は彼女の分身か。それとも何かの警告か。見ているとだんだん分かってくるような・・・気がする。これが相手側の由紀子でも同じ状況だったら面白かったんではないかなあと思った。後半は映画の目玉であろう、かなえと大谷のアレのシーン。物語の筋としては別に無くてもいいんでしょうが、エロチック・シリーズらしいのでしかたが無い。しかし、それだから見たんだろと言われても否めない。通して見れば、大谷が悪いのが当たりまえ。二人の年上の女の間でふらふら。そんなことをされる年上の女性を上手に演じる吉井さんと桃生さんでした。車が軽のバンというのが良かった。仕事用の車という設定なんでしょうけど。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-226075.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。