So-net無料ブログ作成

映画 闇金ウシジマくん Part2 [DVDやら映画やら]

前作よりも怖かった。銃よりもスタンガンよりもバットが怖すぎる。前は確かマムシという超バイオレンスな方が出てましたが、今度は蝦沼という方。納得してはいけない話しばかり。しかし登場人物の表情に価値がある。丑嶋と犀原のツーショットはけっこうかっこいい。あるシーンではもしかして愛情あり?と思ってしまう。ホストの神咲と彩香の話しは良かった。叫んでばかりのマサルと愛沢の話しだけだと辛かった。どちらにしろ母親がダメなところは似てます。彩香がホストクラブで初めて神咲と話すときの表情がすばらしい。最後、神咲の顔がはっきり見えないところも良い。興味深かったのは、それぞれがお金のために身体を使うシーンはあっても、二人のエッチシーンが無かったところ。何だか諸行無常。実際に二人はどこまでいっていたのか。あと、彩香の喫茶店の5円玉シーンは無駄でなかった。犀原の素性というか過去が気になる。食事シーンを見ると、かなり壮絶そう。男物だろうか、白シャツと黒いパンツが似合う。美人はどんなかっこをしてもかっこいい。映画が無理ならドラマとかで、「闇金サイハラさん」とか見てみたい。感心していてはダメなことが多い中、カウカウの結束の高さはすばらしい。特に事務員の女性。そして顧客情報を消していくときの丑嶋の表情。仕事として考えるなら、それは心痛極まりないことでしょう。エンドロール。バットマークの人は愛沢が好きなんてテロップがありますが、勝手に借金を増やして、ちゃんと金を工面したから好きということなら怖い。ああ怖かった。同じ金融でも、萬田さんとはえらくちがいます。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-337016.html

映画 闇金ウシジマくんthe Final
映画 闇金ウシジマくん Part3


共通テーマ:映画