SSブログ

修羅雪姫 怨み恋歌 [DVDやら映画やら]

前回は日本初の徴兵令が出された頃から始まり、今度は日霧戦争後の話しで明治の後半。勝ってしまったものだから、軍が調子に乗り始めた雰囲気。町中でも女の子が「ロシアの戦艦めっちゃくちゃ♪」と歌ってます。鹿島雪役の梶芽衣子を始めとして、革命家の伊丹十三、厭世人の原田芳雄、奥さんの吉行和子、検事総長の岸田森さんと、すばらしい役者さんたち。国家権力的な理由で乱水のもとで働き始めた雪。彼女にもようやく平穏が訪れたかと思いきや、国や警察はしつこい。基本的に雪が斬る人は市井の人でもお役人でも悪い人なので、罪悪感が薄い。むしろそこが見もの。このあたりがやくざ映画とは一線を画すところではないか。前半で捕まってしまい自分が産まれた女刑務所に入れらる。そして死刑寸前・・・とは、冒頭から緊迫した展開です。雪自身が刑務所で産まれたことへの皮肉でしょうが、「女囚さそり」も思い出させてくれます。雪の、お尻を触られてキャっとか、恋を初めて知るような女の子っぽい姿が見られるのも面白い。あと、アナーキスト乱水のけっこう激しい夫婦生活も。このシーンいるの?と思ったが、奥さんの極端な行動を表現するには必要な愛情シーンだったのかも。しかしこの乱水夫婦にもちょっと秘密がありそう。乱水、奥さん、そして乱水の弟の関係に、検事総長や国家のたくらみとそれに巻き込まれていく雪。カーならぬ馬車アクションに、殺陣、三角関係、エッチ、家族関係、貧民街、普通の暮らし、横暴な警察、権力エリート、医療もの、パンデミック、リンチに、青空の下や狭い室内での戦い、さらには悪党の身体をはった大脱出と、ドラマに欲しいものがなんでもありの世界。雪が銃を構えるのも珍しいかも。どこから持ってくるのか、決闘にふさわしい着物に着替えているのもかっこいい。そして最後に検事総長、つまり岸田さんを見るときの表情がなんとも素敵。当の岸田さんの顔もすごい。原田さんを見るときの、悲しんでいるのか、さげすんでいるのか、呆けているのか、どうとでもとれそうな顔も上手い。この表情は、雪には彼の運命が見切れてしまったせい。国旗にはさまれたラストカットも見事。冒頭の刀を放り上げて潮が引いていくところを上から見るシーンがかっこいい。前回は乞食集落で今度は貧民街。貧しい者を心底貧しく描くのもこの映画の潔さ。1作目からスケールアップされたすばらしい映画。時代も合いそうなので、いつか雪と剣心が鉢合わせしてくれないものか。面白かった。晴れと雨。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-18520.html