So-net無料ブログ作成

赤い天使 [DVDやら映画やら]

大映映画。増村保造監督。怖いもの見たさでまた見てしまった。軍隊は人を殺すほどえらくなると岡部が言う。だから軍医もえらくなる。これだけ野戦病院の姿が描かれた映画は見たことがなかった。最初に見たときは怖かった。西の赤い天使は血の天使。その関係が暴力であれ慈悲であれ、関係した人々がいなくなる。いちばんのショックは川津祐介との話し。よく戦時中は、「兵隊さんがいさましく戦っているのになんたることか!」なんてとたしなめられたらしいが、今のように現実がすぐに分かる世界のなんとすばらしいことか。救いは、ラストの村を守る曹長と小隊長たちの平静さだろうか。平静さを保っていることもおそろしい気がしますが。ただしラストの兵隊が言う「よし分かった」はまったく信用できません。ラストの岡部と西の様子は、今で言うコスチュームプレイ。そして川津さんとの話しは、現在の介護におけるつや話しのようにも映る。モノクロであることが重厚な要素のひとつと思いますが、天然色でも見てみたい。みなさんの汚れ様を、色つきで見てみたい。監督のことだからすばらしくリアルだったのではなかろうか。振り返ると、この映画のすごいところは、戦う相手がいても、その姿が出てこないところだろうか。なんだか、敵は自身であることを訴えているのかもしれない。敵の姿が見えないことは、全世界で通用するユニバーサル仕様な映画といえたりする、というのはめちゃくちゃ考えすぎ。そして何よりも西の小ぎれいさがリアリティの中のファンタジーでもある。美人が演じればみんなファンタジーか。若尾文子さんや芦田伸介さんを筆頭に、みなさんの声が良いので、映像を見なくても音だけで引き込まれます。やっぱり怖かった。戦争反対とは声高に言わない戦争反対映画。しかし戦争反対とは言っていない。淡々と現実を描いているだけ。考えてみるとキューブリック監督の映画「フルメタルジャケット」あたりが近いのかも。そして戦場のさなかでも愛を探す情念の映画でもある。だって、ラストの戦争の裏であんなことを行っていたなんて・・・。すごい晴れ。


映画.comの紹介ページ
http://eiga.com/movie/34417/


共通テーマ:映画