SSブログ

イグジステンス(eXistenZ) [DVDやら映画やら]

生体ゲームの世界。デヴィッド・クローネンバーグさんの手にかかると、ゲームのコントローラーもこうなってしまいますか。ちょっとは予想してましたけど。ケーブルも何だか腸みたい。身体にプラグを挿すソケットを付けるとか、ほんとにこんなゲームが出てくるのかもなあ。肉体も生体電気というのを持っているらしいから、充電とか電池不要のインターフェイスが出来たりして。そのソケットのことを、映画では「バイオポート」と言っています。面白いのは、普通のコンピューターでウィルスといえばプログラムを改ざんしたりするものですが、このゲームではまさにウィルス。それにかかることでゲームは死ぬし、それを挿している身体も悪くなる。バイオポートの穴あけ屋がウィレム・デフォーさん演じるガス。彼はアレグラの信者らしいが、ほんとうに大丈夫と疑いたくなるのはデフォーさんであるが故。ゲームデザイナーのアレグラが持っているバッグが、なぜかスキーブーツ。でもこれには防護的な意味があったんだなあ。なるほど。ジュード・ロウさん演じるテッドはゲーム発表会の警備員みたい。彼が着ている服が中国っぽくて面白い。そのテッドがアレグラと逃げて、彼女を守る話し。なぜ逃げるかというと、ゲーム反対派がゲームの開発を阻止しようテロ行為をしているためらしい。アレグラに打ち込まれた弾が「歯」で拳銃は「骨」、だから金属探知器にも引っかからなかったのか! なんて、予想はしてましたけど。アレグラに比べてテッドは保守派。身体にバイオポートを付けるなんて非常識と思っています。ピアスの穴を開けるなんてという感じでしょうか。ガスのところでアレグラが変な爬虫類を発見しますが、このあたりがポイントかも。「バイオポートは身体の奥まで穴を開けるのに、なんで感染しないのか?」と疑問を持つテッドに、口の中を見せるアレグラが面白い。口から身体の奥までつながってんのよという事でしょう。その他、ゲームに勝てる勝てないの話しで「ポーカーの考案者には勝てる」とか、彼女の言うことになるほどなあと思います。イアン・ホルムさんが懐かしい。エイリアンを思い出します。絶対なんかしそう。彼がゲームポッドについて語ってくれます。怪しいゲームポッドのブリスターパック。ほんとの商品みたいで手が込んでます。電池と思ったものはワセリンみたいだった。ゲームポッドの養殖・加工場、魚だか爬虫類だか何だか分からない突然変異な生き物、グロな中華料理、そしてそこで出来上がった物は一体? クローネンバーグさんらしいものがいっぱい出てきます。ラストが想像つきませんでしたが、あの変な生き物がいること自体、おかしかったのでした。サラ・ポーリーさんが出てた。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-6502.html