SSブログ

陸軍中野学校 竜三号指令 [DVDやら映画やら]

映画は大映。映画「陸軍中野学校」の第三弾なので、「竜三号」というわけではないでしょう。今作の女性は安田道代さんで、椎名のスパイ活動を手伝ったりする。中国娘によるハニートラップもあります。オープニングから銃撃、爆弾と派手です。誘拐された和平工作の使者を助けるために、中野学校の椎名次郎が中国を舞台に活躍します。前二作と違ってアクションがたくさん。ビルの壁をはって逃げたり、袋小路でのスナイパーとの対決とか。「軍服着て来い」という陸軍のお偉いさんに、冷静に対応する椎名次郎。頭の固い陸軍というのは、中野学校シリーズでは鉄板設定か。椎名次郎は中国人に変装して、時には耳口が不自由な振りし、そうかと思えば、流暢な中国語で相手の懐に入っていく。中国の戦車の砲弾を受けるわ、爆発するわ、おまけに地雷を手で掘り出すとか、爆弾アクションも見ものか。前二作はわりと静かなスパイ活動だったので、「ちょっと派手にしたら~」などということか。でも白黒の上に夜のシーンのため、ちょっとわかりづらいというか見づらい。登戸の研究所で造ったスパイの秘密兵器を、素人女性に渡すのはどうしたもんかと思ったが、しっかり役に立ったところは、ナイス判断。戦争ばかりではなく、裏では和平の道を探っていたという話しだが、結末を見る限り、戦争へと進むだろう。その状況の中で、椎名たち中野学校がどんな活躍をするのか、まだ二作もある。椎名というか市川雷蔵さんのモノローグに惚れる。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-166493.html


共通テーマ:映画