SSブログ

ゴッド・ディーバ(IMMORTAL AD VITAM) [DVDやら映画やら]

フランス映画。邦題と原題がちょっと合わない。ほぼCGアニメのよう。神の一人?一羽?のたくましいホルス。CGとはいえ、ちゃんと股間に当て物が付いています。彼は「天空の神」なので空を飛べるハト、いやタカ顔なんだなあ。それじゃバステドとアヌビスというネコ顔と犬っぽい顔の神は何の神なんだろう。そもそもがホルスが犯した罪とはなんなのか。神に疎い者にはそれがわからなかったが、人間を造り出したことが反逆罪ということがぼんやり分かってくる。この映画の中で実写なのはジル、ニコポル、シャーロット・ランプリングさん演じるエルマだけのようだ。あとハンマーヘッドのダレクは造形、もしかして着ぐるみだろうか。CGの中でその質感はすんごいリアリティを感じさせます。CGでも良かったかもしれんが正解かもしれない。ジルは記憶喪失の青っぽい色の若い女性。どこから来たかもわからない。興味深いのは、彼女の目から見た世界。なんだか海の底、水の中から覗きこんでいるような世界である。彼女の出自のヒントかもしれない。エルマの話しでは臓器も人間ぽくないらしい。ジルが慕う黒ずくめのジョンが語るには、彼女はイントルージョン、惑星に侵入した生物。ただどうして侵入する必要があるのか。雰囲気的に他にもイントルージョンした人たちがいそうだ。もしかしたらただの人助けかもしれない。サケ、歌舞伎スタイルと、日本っぽい言葉が話される。ジルが食べるアンコウも日本ぽいかも。でも食べ方がワイルドすぎ・・・。最後の音楽が「ソフトなMUSE」という感じ。ちょっと盛り上がる。結局ホルスが残りわずかな時間でしたかったことはこれだけだったのか? と少しばかし肩透かし。ほんとうのところは、ホルスとジョンの間に、何か関係というかつながりがあるのかもしれない。最期の時もほぼ同じだし。手段はわからないが、どちらも人間を造りだす目的は同じようなので。エンドロールだと、「Loosely based on the comic strip ~」と元になったタイトルが書かれていた。もしかして、これ一作ではまとまりきれない壮大な物語かもしれない。すべてをCGにしないで俳優が出ているところが良かった。CGばかりだと退屈するので。CGの質についてとやかく言われるかもしれないが気にならない。あと昼や明るい場面も適当にあるところが良かった。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-24437.html


共通テーマ:映画