So-net無料ブログ作成

ロッカーズ-ROCKERS- [DVDやら映画やら]

教会にツリーインレイのレスポール。その弦をはじく子供。そして麻生祐未さん。意味深である。分かる人には直ぐ分かる、TH eROCKERS を基にした映画。仲間が亡くなってしまうのは辛いこと。陣内孝則さん=仁さんの親父による「マッチ投げ」はカッコいいと思った。九州弁に興味はないが、冗談話しには、大阪弁より親和性の高い言葉だと思う。中村俊介さんはじめ、バンドマンの配役が良い。TH eROCKERS をうまくデフォルメした感じ。意外なところが、ドラムの岡田義徳さん。一瞬違和感があるけれど、直ぐに馴れます。さすがは役者。玉山鉄二さんは、イケイケな売れっ子バンドのボーカル役でナルシズム全開。良い味です。客がいないライブから始まって、増えていく様を観ていると、けっこう熱くなるものがあります。与えられた時間で、とにかく曲を詰め込もうという話しは、何かで読んだことがあった。サンハウスがかかるとやっぱり博多だなあと思う。ザ・スリル他、バンドのライブが見れるのも楽しい。エンドロールによると、劇中で演奏される TH eROCKERS の曲のほとんどは、ROCK'N'ROLL GYPSIES によるものらしい。でも「GYPSIES」は「GYPSYS」の方が雰囲気があるように思ったりする。綴りは変だが。TH eROCKERS が解散してしまった理由は、音楽的なものとか、人気とか色々あるんでしょうが、もしかして5人以上のバンドは長続きしないんではなかろうか。タクシーも2台以上いるし、喫茶店やレストランの席も4人様テーブルでは足りないし、ストーンズも一人減っちゃったし。ベースのはなわさんとかギターのモト冬樹さんとか、ゲストの方も楽しいです。お笑いの他、小泉今日子さん、佐藤浩市さん、鈴木京香さん、中井貴一とか、ベテランさんもけっこう重要な役で花を添えてます。この辺りは陣内さんの人脈・人徳なんでしょうか。年代からすると、TH eROCKERS が好きだったんかなあと考えたりする。谷さんと仁さんにウィンナコーヒーを持ってくるウエイトレスさんが可愛い。谷さんがバイクを出した後に残るお守りが悲しい。キャラクターたちがマンガっぽくて、半実話と言わず、フィクションであっても楽しい映画。スケールはローカルだけど、日本版スパイナル・タップといえなくもない。ほんとに面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-12406.html

デビューアルバムのカセットテープ外装。

RK1.jpg



共通テーマ:映画