So-net無料ブログ作成

tY:近況22(MAN RAY など) [他]

大阪の調子はどうですか。

MAN RAY というバンドの CD を amazonで購入したら、ドイツから届いた。

manray1.JPG

しっかりと地元の新聞で包装してあった。どこでも SUDOKU はあるんだなあ。

manray2.JPG

これがその CD、「Serie De Oro: Grandes Exitos」

manray3.JPG

manray4.JPG

Serie De Oro、黄金シリーズ、つまるところがゴールデンベストとか、ベスト盤のシリーズでしょう。

MAN RAY (マン・レイ、スペイン語風なら、マン・ライ)はアルゼンチンのバンドで、1990年代末に解散しているはず。今でも聴いている。しかし持っている CD は オリジナル1枚 に ベスト1枚だけ。今は amazon でもほとんど見かけない。他に4枚くらい出ていたと思うが、早く買っておけば良かった。

最初に見たのは「リツモ・デ・ラ・ノーチェ」(リズムの夜とでも言うか)というテレビ番組だった。4人組で、ボーカルは女性。「Caribe Sur」つまり「カリブ海」という曲でした。それを聴いて CD「Perro de Playa」を買ったわけです。その後、ずいぶんとしばらくしてから、「Popurri」というベスト盤を買った。これは曲を見ると初期ベストっぽい。「Popurri」のおかげで、ボーカルのヒルダさんが今でもソロで歌っている、「Sola en los Bares」を聴けます。個人的には「Paso un Angel」が好き。

manray5.JPG

manray6.JPG

でもって、最近「Serie De Oro: Grandes Exitos」を見つけました。これはどっちかというと後期ベストなのか、「Popurri」とは「Amor Azul」1曲しかダブってない。

彼らの曲はフォーク・ロックというかポップ、ボサノバ風。ラテンっぽいのもあるが、こてこてのラテンではないです。ボーカルの女性は、Hilda さんと言って、名前からしてドイツ系の方でしょうか。同じアルゼンチンのアーティスト、チャーリー・ガルシアとも仕事をしていたようで、彼の曲「Tierra Sagrada」もやっています。CD「Perro De Playa」では、ボーナスで、アコギっぽいバージョンも入ってました。安全な地球のことを歌っていて、「一杯の水」というリフレインが印象的です。

彼女たちを聴いて、他の盤、Los Lodrigues とか HACELO TV の 編集盤を買った。スペイン語は良いなあ。

manray7.JPG

manray8.JPG

MAN RAY は ずいぶんと前に解散してしまったが、アルゼンチン映画を観ると思い出してしまった。
YouTube を開くと、けっこうアップロードされていたりする。

Man Ray:
Hilda Lizarazu (vocals, guitar)
Tito Losavio (guitar, background vocals)
Pat Coria (bass, background vocals)
Lautaro Cottet (drums, background vocals)

MAN RAY で検索すると、あたりまえですが写真家のマン・レイさんがヒットしてしまう。このウェブ時代では、バンド名もちょっと一工夫した方が良いのかもなあ。


共通テーマ:映画