SSブログ

クリスチーナの館(CHRISTINA'S HOUSE) [DVDやら映画やら]

クリスチーナを演じるアリソン・ラングさんが、キルスティン・ダンストの親族のような雰囲気で良い。なぜアリソン・ラングさんではなく、エディ役のブレンダン・フェール氏が主役扱いなのだろう。しかもヒーローというよりは少しゲスっぽい役なのに。彼女が新人のせいだろうか。来るかあと思わせておいて、ちがいますよ!っていう場面が多い。ホラー映画というよりはミステリーか。劇場未公開のようだが、1999年頃は、呪怨とかリングとか、いわゆるJホラーが多くて出た頃らしいので、この映画ではあまり驚かなかったかもしれない。まだまだ続くよという感じの終わり方は、続編があってもおかしくない。画質が古っぽくて良い感じだと思いました。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-1387.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。