So-net無料ブログ作成

レッド・ライト(Red Lights) [DVDやら映画やら]

超能力は在るか、そのトリックを見破れるか。超能力を見せる自信家であり、いかがわしさいっぱい、そしていかにもあやしそうな取り巻きを連れたサイモンさんは、物語の中心になる重要な役どころではあるけれど、物語を構成する上では話しのきっかけに過ぎず、重要なのはマシスン、シャクルトン、そしてバックリー博士の三人の心情だと思う。この映画で思い出したのはガンツフェルト実験の話しと、降霊現象を存在を研究した科学者のこと。妖精話しも似たようなものかもしれない。トビー・ジョーンズさん演じるシャクルトン博士は、偶然を超える確率を立証してしまう立場。シガニー・ウィーバーさん演じるマシスン博士は否定しつつも、信じたい心もありそう。それは彼女の過去によるもの。そしてバックリー博士(キリアン・マーフィーさん)がしつこくサイモンさん(ロバート・デ・ニーロさん)を追求する理由は、自分自身を偽るため。彼が話した霊能者と治療の話しには納得する。実験過程や結果がすべてであろう科学者が導き出す解は、相応の覚悟で言及されるもの。それは物理にしろ何にしろ、すべての研究に言えることだろう。研究には常に疑い、否定する側が必要なのかも。今、その立場はネットにすり替わっていたりして。博士たちの助手の二人、サリーさんと男の子はよくがんばりました。まさか「ゴジラ」でサリーさんにまた会うとは思わんかった。映画「リミット」では役者一人だけだったロドリゴ・コルテス監督が、こんな大物を何人も使うようになったとは! ほんとうによかったですね。良い映画でした。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-265721.html


共通テーマ:映画