SSブログ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi) [DVDやら映画やら]

DVDを借りて見直すと、3Dで観たほうがよかったかなあと思う。でも吹き替えはいやだが。どの話しを信じる?と問われて、この人は結局うそつきかと分かる。そうなると、真実は永遠にわからんので、なんのための2時間だったのかと悲しくなるが、何でもありが映画なので、「ああやられた」と素直に受け止める。うそをつく理由は家族のこととか、いろいろあるだろう。本当のことは漂流したことと嵐にあったくらいだろう。船が沈みそうになって家族を助けにもどったとき、船室のドアの開き方がなんだか不自然。水の押し寄せ方によるんだろが。船は動物を乗せていたんだろうか。船会社は動物が乗っていることを知っていたのか。知らなかったのでパイの話しを信用できなかったのか。彼は保険調査員に対して、ほんとうに2つの説明をしたのだろうか。保険調査員には真実を話していたのかもしれない。何がほんとうかという視点では、黒澤明監督の「羅生門」に通じるか。何年かに1回くらいはこうした映画もいいかもなあ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-265771.html

いつだか HARD-OFF で見かけたもの。フロッピードライブが付いててステレオオーディオみたいだった。もしかしてMIDIファイルとかが読めるんかなあ。

lp140926.jpg


共通テーマ:映画